読まれるFacebook記事を書くための6原則

rule

Facebookで記事を投稿して運営していく際の重要なお作法について今日はお伝えします。

基本的なことですが、小さい細かいことでも数をこなせば大きな違いになって表れてくるのでまずは基礎を身に付けくださいね。

おさえておくべきポイントは以下の6つです。

(1)見やすい文章構成

(2)使用する文字の選び方

(3)伝えたい内容

(4)写真の使い方

(5)反応がよい投稿時間

(6)タイムラインの整理

これらをマスターすると周りからの反応が変わってきますので無意識にできるようになってくださいね。

mail3

(1)見やすい文章構成
パッと見てビジュアル的に読みやすい文章構成にする必要があります。

中身の前にまず見た目が大事です!

例えば、文字が画面いっぱいにギュウギュウに詰まっていたとしたら、それだけで読む気が失せてしまいますよね。

では、見やすい文章構成にするポイントを3つお伝えします。


・横の文字数は20文字以内

・連続する文章は4行まで

・空白行は全角スペースで


これを実施するだけで随分見やすくなりますので試してみてくださいね。

 

横の文字数は20文字以内

まずは文章を書くときに横の文字数を20文字以内で改行してください。

横の文字数が多いと勝手に不適切な区切りで改行されて、読みにくい文章になってしまいます。20文字以内の意味のある単位で自分で意図的に改行するということを意識してくださいね。

Facebookはスマートフォンで見ている人が圧倒的に多いのでスマートフォンで読みやすい文章にする必要があります。

iPhone5だと横の文字数のMAXが20文字で、iPhone6だともう少し多いです。iPhone5ユーザはまだまだ多いのでそれに合わせて20文字以内で改行するのがおすすめです。

横に文章が長いとパッと見て読みづらくなってしまいます。縦に長い方が読みやすいので実践してくださいね。

横の文字数20文字をいちいち数えるのは面倒なので、カウントするための無料ツールとしてはWindowsなら「TeraPad」がおすすめです。

 

連続する文章は4行まで

行を続けて書く場合は最大で4行までがよいです。5行以上の文章だとちょっと長い印象で、文字が詰まって見えてしまいます。

もちろん、1行や2行の文章でも大丈夫ですが1、2行ばかりの文章だと稚拙なイメージになってしまいますので注意も必要です。

単行の文章と複数行の文章を組み合わせるとリズムが生まれて読みやすくなります。

 

空白行は全角スペースで

文字と文字が詰まっていると読みにくい文章になってしまうのでこまめに空白行を入れるようにしてください。

空白行を入れるときは、改行したところに全角スペースを入れると行間が広めの空白行になるのでより見やすくなります。

さらに全角スペースを挿入した都にEnterを押してもう一つ改行を加えるとさらに広い行間を空けることができます。話題が変わる場合や、次の文章を強調したい場合は広めの行間を作ると見やすくなります。

 

以上のようなユーザーが読みやすいと感じる細かな気配りをすることが、より記事を読んでもらえるようになるポイントです。

ぜひビジュアル的に読みやすい構成にすることを心掛けてくださいね!

 
2)使用する文字の選び方
文字の特徴として、平仮名はやわらかい印象、漢字は固い印象を読み手に与えるという実験結果が出ています。

以下の例で言うと、サンマのうろこという部分が左の写真は平仮名に、右の写真は漢字になっています。

どちらが反応がよいと思いますか?

kana
答えは、左の平仮名の方です。

調査したデータから平仮名多めの方が反応がよくなるということがわかりました。

平仮名の割合が文章全体の50%を占めると2倍になり、70%を占めると4倍になるという調査結果が出ています。

kana1
漢字が難しくて読みにくい場合は平仮名を使った方がよいですね。

ただし、平仮名が多すぎると幼稚な文章になってしまいますので、適度に漢字を混ぜながら構成するのがおすすめです。

 
(3)伝えたい内容
Facebookに記事を投稿するときは1投稿につき言いたいことは一つだけにしましょう。

よくその日にあった出来事を最初から最後まで全部書いている人を見かけます。こうなると事象が多すぎて、結局何が言いたいのか伝わらなくなってしまいます。

Facebookは長い文章は好まれませんので簡潔に言いたいことを一つだけに絞って、それにフォーカスして伝えていくという方が最も伝わります。

 
(4)写真の使い方
Facebookに一度に複数枚の写真をアップしている人が結構多いのですが一回に投稿する写真は一枚だけにした方がよいです。

それは写真が複数枚あると言いたいことがぶれるため、何を伝えたいのかわかりずらくなってしまうからです。

例えば、こちらの写真で、「参拝客が多い」「梅が咲いた」「抹茶が美味しかった」という文章と写真を投稿している例ですが、情報が多すぎて結局何が言いたいのか伝わらなくなってしまっています。

san
写真が複数枚あるなら、写真に合わせた文章で複数回投稿した方がよいです。

一つの記事は、一つのメッセージと、一つの写真で投稿することを心がけてください。

 
(5)反応がよい投稿時間
Facebookに記事を投稿した場合、いいねの数が伸びるか伸びないかは投稿後の3時間で決まります。

最初の3時間でリーチできる範囲の5割が決まり、その反応でその後のリーチの伸び率が決まります。

suii
そのため、できるだけFacebookユーザーがたくさん見ている反応しやすい時間帯に投稿した方がよいのです。

反応がよい時間帯も調査データが出ていて7時台、11時台、17時台が効果的です。7時台は朝の通勤時間、11時台はお昼休憩、17時台は仕事が終わる時間です。

夜は18~20時までのゴールデンタイムも反応がよいと言えます。

time
朝、昼、夜の多くの人がFacebookを見ている時間帯を狙って投稿するのが効果的です。また、キャンペーンやプロモーションなど申込み、購買が伴うものは落ち着いた夜の時間帯の方が成約はしやすいです。

 
(6)タイムラインの整理
Facebookを運営していると自分のタイムラインに書き込まれる場合がよくあります。

例えば友達になった後に「友達承認ありがとうございました」というような書き込みです。

書き込みは嬉しいのですが、この書き込みがたくさんあると自分の記事が埋もれてしまって、本当に見せたい内容を見てもらえなくなります。特に女性の場合は、たくさん書き込まれますので注意が必要です。

せっかくお客様が自分のことに興味を持ってタイムラインに来てもらえても、他のユーザーからの書き込みばかりだったとしたら、おそらく帰ってしまいますよね。

書き込みは一日経ったら削除しましょう。

すぐに削除すると、相手に失礼なので書き込みの記事にいいねを押してお礼コメントを入れた後に一日過ぎたら削除してください。

もしくは、「タイムラインとタグ付け設定」の「自分のタイムラインにコンテンツを追加できるユーザー」を自分のみにすれば他の人は書き込みできなくなるので、あまりに書き込まれることが多ければ設定することをおすすめします。

タイムラインには自分の見せたい記事が常に並んでいるというのが理想なので整理することを意識してくださいね。

 
本日のまとめ
Facebook記事投稿は以下のポイントをおさえる。

(1)見やすい文章構成
⇒横の文字数は20文字以内にする、連続する文章は4行まで、空白行は全角スペースを入れる。

(2)使用する文字の選び方
⇒平仮名多めのやわらかい文章を書く。

(3)伝えない内容
⇒伝えたいことを一つだけに絞ってそれにフォーカスして書く。

(4)写真の使い方
⇒一回に投稿する写真は一枚だけにする。

(5)反応がよい投稿時間
⇒7時台、11時台、17時台の多くの人がFacebookを見ている時間帯を狙って投稿する。

(6)タイムラインの整理
⇒タイムラインには自分の記事が常に並んでいる状態にしておく。

こちらの記事が役に立ったら、はてなブックマークへ登録お願いします!

完全満席にする7日間無料メール講座

説明会・セミナー・体験セッションを毎月安定して完全満席にするFacebook集客ノウハウを無料で公開中!ブログでは公開できない秘匿性の高い情報も満載。

Facebookが始めてでもアカウントの基本設定から初心者向けに具体的にわかりやすく解説しています。
sma

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です